プラウド・ボーイズに関する声明

フレッドペリーはプラウド・ボーイズを支持していません。また、プラウド・ボーイズといかなる提携もしてもいません。

このグループがブラック/イエロー/イエローのツインティップのシャツを流用し、月桂樹を自分たちの目的のためその価値を転覆させたことに、信じられないほど憤りを感じています。

フレッドペリーのシャツはイギリスのサブカルチャーのユニフォームであり、その象徴性から、自分たちの価値観を表明する様々なグループによって採用されています。私たちはその系譜と、月桂樹が65年以上もの間に表現してきた包括性、多様性、独立性を誇りに思っています。ブラック/イエロー/イエローのツインティップシャツは70年代後半に誕生して以来、そのユニフォームの重要な一部であり、偏見なく、様々なサブカルチャーによって世代を超えて採用されてきました。

その系譜とは裏腹に、北米ではプラウド・ボーイズとの関わりにより、ブラック/イエロー/イエローのツインティップシャツが新たな意味を持つようになってきています。このような関係を終わらせるため、最善を尽くさなければなりません。私たちは2019年9月から米国でブラック/イエロー/イエローのツインティップシャツの販売停止を決定しました。プラウド・ボーイズとの関連付けがなくなったことを正確に認識するまで、我々はカナダを含む北米において、そのシャツを販売しません。

明確にしましょう。あなたが月桂樹、またはブラック/イエロー/イエロー関連のアイテムをフィーチャーしたプラウド・ボーイズ関連のアイテムや製品を見つけたとしても、それらは私たちとは全く何の関係もありません。むしろ私たちは弁護士と一緒に、ブランドの不正使用を追跡すべく動いています。

我々の会長が2017年にインタビューを受けた際に、最もよい表現で彼らに対する不承認を述べています。

「フレッドは労働者階級の社会主義議員の息子で、テニスがエリートスポーツだった時代にテニスの世界チャンピオンになった男だ。彼は東欧のユダヤ人実業家とビジネスも始めている。こんな質問に答えなければならないのが本当に残念だ。我々はその理想やグループを支持していない。我々の信念に反しているし、一緒に仕事をしている人々にも反している」
ジョン・フリン、フレッド・ペリー社会長 2017年

2020年9月24日

https://www.fredperry.com/helpcentre/article/proud-boys-statement