scroll
50年代のテディ・ボーイ、70年代のパンク、80年代のロカビリーなど、イギリスのユースカルチャーの中で愛され続けた英国ノーザンプトンのシューメーカー、ジョージコックス。
今回のコラボレーションでは、ジョージコックスの伝統的なラバーソールに、フレッドペリーのオリジナルアッパーを組み合わせた3型が登場します。
1906年、醸造家のジョージ・ジェームス・コックスが世界有数のシューメーカーが集まるイギリスのノーサンプトンシャーに設立。
1949年に伝統のグッドイヤーウェルト製法を用いたブローセル・クリーパーズ(通称ラバーソール)を開発。50年代にはテディ・ボーイと呼ばれる若者達に人気を博し、60年代には極端に先のとがったウィンクルピッカーズが登場した事でさらなる注目を浴びる。70年代にはセックス・ピストルズのマネージャーであったマルコム・マクラーレンによってテディ・ボーイスタイルが復活。
パンクムーヴメントの広がりと共にジョージコックスは流行の最前線に押し出され、イギリスのユースカルチャーの中で愛され続けられています。

取扱店舗:フレッドペリーショップ、オンラインショップ

※一部取り扱いのない商品もございます。