FRED PERRY x GEORGE COXフレッドペリー × ジョージコックス

英国ノーザンプトンで生まれたシューメーカー、ジョージコックスとのコラボレーション。

その名前はクオリティとクラフトマンシップ、そしてサブカルチャームーブメントと同義であり、そのアイコニックなスタイルにはそれぞれのストーリーが内包されています。

この「フレッドペリー×ジョージコックス」のコラボレーションでは、クラシックなフットウェアのスタイルをモダンに再構築したアイテムがラインナップされています。

ジョージコックス(GEORGE COX)
1906年、醸造家のジョージ・ジェームス・コックスが世界有数のシューメーカーが集まるイギリスのノーサンプトンシャーに設立。 1949年に伝統のグッドイヤーウェルト製法を用いたブローセル・クリーパーズ(通称ラバーソール)を開発。50年代にはテディ・ボーイと呼ばれる若者達に人気を博し、60年代には極端に先のとがったウィンクルピッカーズが登場した事でさらなる注目を浴びる。70年代にはセックス・ピストルズのマネージャーであったマルコム・マクラーレンによってテディ・ボーイスタイルが復活。 パンクムーヴメントの広がりと共にジョージコックスは流行の最前線に押し出され、イギリスのユースカルチャーの中で愛され続けられています。

取扱店舗:フレッドペリーショップ、 オンラインショップ

※一部取り扱いのない商品もございます。