Nyantora (Koji Nakamura)

mainvisual
ナカコーが出演!
フレッドペリーが主催する音楽イベント「サブカルチャーライブ」インストア版が8/23(金)東京店で開催!


フレッドペリーのサブカルチャーをバックグラウンドにした音楽イベント、「サブカルチャーライブ」の東京店での開催が決定。

2019年5月19日(日)のイエロー・デイズに続く2019年第4回目となる今回の出演者は、元スーパーカー、現在はソロプロジェクト「iLL」や「Nyantora」、バンド「LAMA」などで、あらゆる音楽ジャンルをボーダレスに横断し活動するナカコーことKoji Nakamura。 今回は彼の最長キャリアのプロジェクト、Nyantora名義での出演となります。また、マシーンテクノ・ハウスを基調とするDJ/ビートメイカー、LICAXXX(リカックス)と、ポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異なサウンドを操る電子音楽家、食品まつり a.k.a foodmanの出演も決定。

混雑が予想される今回の入場はフォームエントリーでの抽選となります。ぜひご応募ください。

*エントリーは終了しました。

 
日時
2019年8月23日(金)
場所
フレッドペリーショップ東京
時間
18:30開場・開演、20:00終了予定
料金
入場無料・抽選(フォームエントリーでの抽選)
出演
Nyantora(Koji Nakamura)
LICAXXX(リカックス)
食品まつり a.k.a foodman
*ご入場は当選者の先着順となります。

応募受付期間

2019年8月9日(金)正午~ 8月14日(水)23:59 まで

当選者発表

2019年8月16日(金)までに、ご当選された方へは、メールにてご案内させていただきます。

Google Maps

 

Nyantora(Koji Nakamura)

ナカコー(Koji Nakamura / LAMA / ex.スーパーカー)のアンビエントプロジェクト「Nyantora」。ナカコーの中で最長キャリアのプロジェクト。2001年5月9日に「99-00」をリリース。その後、コンスタントにリリースをしていたものの、特にライブ活動はなかった。しかし、2014年6月プライベートでも親交のあるduenn氏のイベントより、待望のライブ活動をスタートさせた。長きにわたり多種多様な音楽を作リ出すナカコーの、音響に精通した世界観が遂に体感できるようになった。FUJI ROCK、RISING SUN ROCK FESTIVAL等幅広く出演。また、duenn氏と2017年3月よりアンビエントに特化したイベント「HARDCORE AMBIENCE」を開始。その後ベルギーのエクスペリメンタルレーベル『Entr’ acte』からリリースされるなど、海外でも評価がひろがり始めている。そして2018年6月20日Nyantoraとしては、7年振りとなる全国流通版のCD 「マイオリルヒト」を発売した。

 

食品まつり a.k.a foodman

名古屋出身のトラックメイカー / 絵描き。シカゴ発のダンスミュージック、ジューク / フットワークを独自に解釈した音楽でNYの「Orange Milk」よりデビュー。常識に囚われない独自性溢れる音楽性が注目を集め、七尾旅人、あっこゴリラ、Taigen Kawabe(Bo ningen)、中原昌也などとのコラボレーションのほか、Unsound、Boiler Room、Low End Theory出演、Diplo主宰の「Mad Decent」からのリリース、英国の人気ラジオ局NTSで番組を持つなど国内外で活躍。2016年に「Orange Milk」からリリースしたアルバム『Ez Minzoku』はPitchforkやFACT、日本のMUSIC MAGAZINE誌などで年間ベスト入りを果たした。2018年9月に「Sun Ark / Drag City」からLP『ARU OTOKONO DENSETSU』、さらに11月にはNYの「PaltoFlats」からEP『Moriyama』を立て続けにリリース。2019年3月には再び「Mad Decent」からEP『ODOODO』をリリースした。

 

Licaxxx

東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ・ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。2016年にBoiler Room Tokyoに出演した際の動画は40万回近く再生されており、Fuji Rockなど多数の日本国内の大型音楽フェスや、CIRCOLOCO@DC10 などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。さらに、NTS RadioやRince Franceなどのローカルなラジオにミックスを提供するなど幅広い活動を行っている。さらにジャイルス・ピーターソンにインスパイアされたビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。若い才能に焦点を当て、日本のローカルDJのレギュラー放送に加え、東京を訪れた世界中のローカルDJとの交流の場を目指している。また、アンビエントを基本としたファッションショーの音楽などを多数制作しており、Chika Kisadaのミラノコレクションや、dressedundressdの東京コレクションに使用された。