ブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリストとインタビュー。

YELLOW DAYS

Musician - Haslemere

名前は?
ジョージ・ヴァン・デン・ブルーク(George Van Den Broek)。イエロー・デイズとして知られているよ。

肩書は?
ミュージシャン。

出身は?
南イングランドのハスルミアという町の出身。

あなたのスタイルを三語で。
ネオ・ブルース、ソウル。
neo-blues, soul.

これまでに観た最高のライブは?
ニューヨークにいた時、スモールズというジャズクラブに行ったんだ。それまでジャズのライブを聞いたことがなかったんだけど、素晴らしいミュージシャンのグループがいて、それがすごかったんだ。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
アルトン・エリスとブッカー・T&ザ・MG's。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
レイ・チャールズじゃなくちゃ。彼に会う夢があるから。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
本当に、お気に入りはないんだ。今までやったことのないところでライブをするのが好きだからね。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
エルモア・ジェームス。彼の声とギターはもはや言う必要ないよ。

繰り返し聞いた最初の曲は?
レイ・チャールズの「Baby Let Me Hold Your Hand」。

あなたの十代を定義する曲は?
マック・デマルコの「Freaking Out the Neighbourhood」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
ジャッキー・ミトーの「The Keyboard King At Studio One」。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
レイ・チャールズの「You Don't Know Me」。曲を全部聞いたら歌詞の展開がパワフルなんだけど、悲しいのがよくわかるよ。涙腺が崩壊するね。

あなたが書いてみたかった曲は?
ジョニー・サンダーの「I'm Alive」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ビッグ・ユースの「Screaming Target」。

意外に好き、という曲は?
カニエ・ウェストの「Spaceship」。

今聞いている新しいバンドは?
テイク6。

名前は?
ジョージ・ヴァン・デン・ブルーク(George Van Den Broek)。イエロー・デイズとして知られているよ。

肩書は?
ミュージシャン。

出身は?
南イングランドのハスルミアという町の出身。

あなたのスタイルを三語で。
ネオ・ブルース、ソウル。
neo-blues, soul.

これまでに観た最高のライブは?
ニューヨークにいた時、スモールズというジャズクラブに行ったんだ。それまでジャズのライブを聞いたことがなかったんだけど、素晴らしいミュージシャンのグループがいて、それがすごかったんだ。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
アルトン・エリスとブッカー・T&ザ・MG's。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
レイ・チャールズじゃなくちゃ。彼に会う夢があるから。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
本当に、お気に入りはないんだ。今までやったことのないところでライブをするのが好きだからね。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
エルモア・ジェームス。彼の声とギターはもはや言う必要ないよ。

繰り返し聞いた最初の曲は?
レイ・チャールズの「Baby Let Me Hold Your Hand」。

あなたの十代を定義する曲は?
マック・デマルコの「Freaking Out the Neighbourhood」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
ジャッキー・ミトーの「The Keyboard King At Studio One」。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
レイ・チャールズの「You Don't Know Me」。曲を全部聞いたら歌詞の展開がパワフルなんだけど、悲しいのがよくわかるよ。涙腺が崩壊するね。

あなたが書いてみたかった曲は?
ジョニー・サンダーの「I'm Alive」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ビッグ・ユースの「Screaming Target」。

意外に好き、という曲は?
カニエ・ウェストの「Spaceship」。

今聞いている新しいバンドは?
テイク6。

Yellow Days | Nothing Is Going To Keep Me Down (2017)

Yellow Days | A Little While (2016)