Twitter Line Facebook Share

SAM MCCOACH

Designer - Edinburgh

名前は?
サマンサ・マッコーチ(Sam McCoach)。

肩書は?
デザイナー。

出身は?
スコットランドのエディンバラ。

あなたのスタイルを3語で。
シンプル、クラシック、ユニフォーム。
Simple, classic, uniform.

デザインに夢中になった理由は?
エディンバラで大学入学準備のためのコースを受けていたとき、私はいつも絵画やファインアートをしていたんだけど、服飾がとくに大好きだったの。いつもお母さんやおばあちゃんの服でドレスアップをするのが好きだったし、デザイナーとかそういうことではなくて、ただ純粋に学校帰りに町に行って買い物をするのが好きだったから。誰かがファッションコースに応募したほうがいいって言ってくれてそこからすべてが始まったの。

ル・キルトとフレッドペリーが素晴らしいコラボレーションを組めた理由は何だと思う?
フレッドペリーガールとル・キルトガールは同じ系譜だと思ってるの。私がフレッドペリーで働きたかった理由は、(これが大学を卒業してからはじめての仕事だったんだけど)フレッドペリーのらしさ、ユニフォームスタイル、そしてその表現の仕方がいいと思っていたの。私はいつも「なぜ人が服を着るのか」ということや「どうやって人々が特定の服を自分に合わせて、自分のものにしているのか」ということに興味があって。これがル・キルトとフレッドペリーに共通する考えで、たぶん全体的な審美感が似ていると思う。どちらもとても意欲的だしね。多分ちがうライフステージで着られるものだと思うけれど。私には18歳と19歳の妹がいて、彼女たちがようやく、「ル・キルトってかっこいい、わたしのお姉ちゃんはクールなことをしているのね」って思い始めたみたいなの。これがおそらくひとつのゴールね。

フレッドペリーとのコレクションにインスピレーションを与えたものは?
このコラボレーションは2つのブランドのキーとなるアイテムを1つにしたようなものなの。キルトはいろんな意味でテニススカートにとてもよく似ている。テニスはフレッドペリーのカルチャーだけど、ストリートスタイルにに持ち込まれたものでもあるのね。テニススカートが丈の短いラップスカートになったのは違う形で再解釈されたものだから。それはキルトにも同じ感じがするの。動きやすくてどんな女性にもあうとてもクールなスカートなの。フレッドペリーシャツみたいにね。

ル・キルトガールを説明すると?
私がしている仕事にはいつも驚きがあるから、それが大好きなの。みんなが自分のスタイルにしていくから。基本的に私がやっていることは、シンプルな作品をみんなに再解釈してもらうことなの。そして、みんなが自分のスタイルで着ているのをみたり聞いたりするのは素晴らしいわ。



サマンサ・マッコーチは彼女の祖母のハンドメイドキルトの技術やクラフトマンシップに対する情熱を受け継いでルキルトを創設した。

繰り返し聞いた最初の曲は?
父からもらったのが初めてのCDで、ダーティ・ダンシングのサウンドトラックだったの。曲はおそらく「Hungry Eyes」かな。

これまでに観た最高のライブからの一曲は?
たぶん6年くらい前にアルバム発売記念でサヴェージズのカムデンでやったライブを見に行ったの。「She Will」を演奏してたんだけどそれはすごくすごくよかった。

お気に入りアルバムからの一曲は?
マドンナの『Ray Of Light』というアルバムから「The Power of Goodbye」。

最後に買った音楽は?
私が最後にダウンロードしたのはネイディーン・シャーの「Evil」。彼女はとっても最高。

テンションを上げるのに最高の曲は?
プリンスの「Starfish and Coffee」。

人々をひとつにするのにベストな曲は?
プライマル・スクリームの「Movin' On Up」。

最高のラブソングといえば?
スーサイドの「Cheree」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
カイリー・ミノーグの「What do I Have to Do」。

名前は?
サマンサ・マッコーチ(Sam McCoach)。

肩書は?
デザイナー。

出身は?
スコットランドのエディンバラ。

あなたのスタイルを3語で。
シンプル、クラシック、ユニフォーム。
Simple, classic, uniform.

デザインに夢中になった理由は?
エディンバラで大学入学準備のためのコースを受けていたとき、私はいつも絵画やファインアートをしていたんだけど、服飾がとくに大好きだったの。いつもお母さんやおばあちゃんの服でドレスアップをするのが好きだったし、デザイナーとかそういうことではなくて、ただ純粋に学校帰りに町に行って買い物をするのが好きだったから。誰かがファッションコースに応募したほうがいいって言ってくれてそこからすべてが始まったの。

ル・キルトとフレッドペリーが素晴らしいコラボレーションを組めた理由は何だと思う?
フレッドペリーガールとル・キルトガールは同じ系譜だと思ってるの。私がフレッドペリーで働きたかった理由は、(これが大学を卒業してからはじめての仕事だったんだけど)フレッドペリーのらしさ、ユニフォームスタイル、そしてその表現の仕方がいいと思っていたの。私はいつも「なぜ人が服を着るのか」ということや「どうやって人々が特定の服を自分に合わせて、自分のものにしているのか」ということに興味があって。これがル・キルトとフレッドペリーに共通する考えで、たぶん全体的な審美感が似ていると思う。どちらもとても意欲的だしね。多分ちがうライフステージで着られるものだと思うけれど。私には18歳と19歳の妹がいて、彼女たちがようやく、「ル・キルトってかっこいい、わたしのお姉ちゃんはクールなことをしているのね」って思い始めたみたいなの。これがおそらくひとつのゴールね。

フレッドペリーとのコレクションにインスピレーションを与えたものは?
このコラボレーションは2つのブランドのキーとなるアイテムを1つにしたようなものなの。キルトはいろんな意味でテニススカートにとてもよく似ている。テニスはフレッドペリーのカルチャーだけど、ストリートスタイルにに持ち込まれたものでもあるのね。テニススカートが丈の短いラップスカートになったのは違う形で再解釈されたものだから。それはキルトにも同じ感じがするの。動きやすくてどんな女性にもあうとてもクールなスカートなの。フレッドペリーシャツみたいにね。

ル・キルトガールを説明すると?
私がしている仕事にはいつも驚きがあるから、それが大好きなの。みんなが自分のスタイルにしていくから。基本的に私がやっていることは、シンプルな作品をみんなに再解釈してもらうことなの。そして、みんなが自分のスタイルで着ているのをみたり聞いたりするのは素晴らしいわ。



サマンサ・マッコーチは彼女の祖母のハンドメイドキルトの技術やクラフトマンシップに対する情熱を受け継いでルキルトを創設した。

繰り返し聞いた最初の曲は?
父からもらったのが初めてのCDで、ダーティ・ダンシングのサウンドトラックだったの。曲はおそらく「Hungry Eyes」かな。

これまでに観た最高のライブからの一曲は?
たぶん6年くらい前にアルバム発売記念でサヴェージズのカムデンでやったライブを見に行ったの。「She Will」を演奏してたんだけどそれはすごくすごくよかった。

お気に入りアルバムからの一曲は?
マドンナの『Ray Of Light』というアルバムから「The Power of Goodbye」。

最後に買った音楽は?
私が最後にダウンロードしたのはネイディーン・シャーの「Evil」。彼女はとっても最高。

テンションを上げるのに最高の曲は?
プリンスの「Starfish and Coffee」。

人々をひとつにするのにベストな曲は?
プライマル・スクリームの「Movin' On Up」。

最高のラブソングといえば?
スーサイドの「Cheree」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
カイリー・ミノーグの「What do I Have to Do」。