Twitter Line Facebook Share

MARYAM

Musician / Med Student - Hamburg

名前は?
マリアム(Maryam)。

肩書は?
医大生とミュージシャン。シンガーソングライターで、バイオリンと時々ピアノも弾いてる。

出身は?
生まれ育ったのはフランクフルト近郊の村。イラン人とドイツ人のハーフ。今はほとんどハンブルクに住んでて、たまにベルリンにもいる。

あなたのスタイルを三語で。
クラッシー、グランジ、フェミニン。
Classy, grungy, feminine.

これまでに観た最高のライブは?
ガール・イン・レッドのライブ。2019年のクラブ・ツアーで、その頃はまだスターじゃなかったんだけど、その頃からものすごく輝いてた。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
セヴダリザとストームジー。私とストームジーが組んだらいいバンドができるんじゃないかな(笑)。セヴダリザは、やることが飛び抜けてる。やり方もね。エネルギッシュなところが大好きだし、彼女も私に共感してくれそう。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
海外で暮らすイラン人たちのサブカルチャー。それが私をここまで育ててくれたから。それからゴスも。クラシカルな要素とゴスの要素を組み合わせたスタイルが好き。上品なポロシャツにバランス良くレースを組み合わせて、ゴールドのアクセサリーを着けるのが私のスタイル。その次に影響を受けたのは、オペラのアカデミックなシックさ。オペラのコーラスで何年も歌ってて、そういう環境でバイオリンを弾いてたから、きちんとしたシックな服は必要不可欠だったし、そのお堅いちょっとおかしな環境に合わせざるを得なくて。そのことが、私の入り混じったスタイルをよく物語ってる気がする。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
ローリン・ヒル。作ったアルバムは1枚だけなのに、こんなふうに世界中に影響を与えてるのが信じられない。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
意外かもしれないけど、インディペンデントの会場での経験はまだ多くないの。でも前に、家のバルコニーで即興ライブをしたら、下に人だかりができて。その一画はなかなかいいたまり場だったわよ。あと、ドックヴィルのフェスティバルやいろいろな小規模イベントも大好き。それがハンブルクのいいところ。ああ、それからDocksも。かなり大きなコンサート会場だけど、すごく好き。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
リトル・シムズ。

繰り返し聴いた最初の曲は?
カーラ・ブルーニの「Quelqu'un m'a dit」。

あなたの十代を定義する曲は?
あはは。今メインストリームのポップスをやってる私としては恥ずかしいけど、ケリー・ヒルソンとカニエ・ウェストの「Knock You Down」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
カニエ・ウェストの『The Life Of Pablo』。

あなたが書いてみたかった曲は?
ロザリアの「PIENSO EN TU MIRÁ」。トラディショナルな要素とキャッチ―な要素の組み合わせ方が好き。最高!

大声で歌ってしまうベスト・ソングは?
ファラマルツ・アスラーニの「Age Ye Rooz」。

意外に好き、という曲は?
コナン・モカシンの「I'm The Man, That Will Find You」。

あなたをダンスフロアに向かわせる曲は?
またローリン・ヒルだけど、「Can't Take My Eyes Off of You」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
リー・フィールズの「It Rains Love」。

今聴いている新しいバンドは?
イェンドリー
アントン・ヴァイル
ディジー
The KTNA
オケイ・カヤ
リゾ
シンバ

名前は?
マリアム(Maryam)。

肩書は?
医大生とミュージシャン。シンガーソングライターで、バイオリンと時々ピアノも弾いてる。

出身は?
生まれ育ったのはフランクフルト近郊の村。イラン人とドイツ人のハーフ。今はほとんどハンブルクに住んでて、たまにベルリンにもいる。

あなたのスタイルを三語で。
クラッシー、グランジ、フェミニン。
Classy, grungy, feminine.

これまでに観た最高のライブは?
ガール・イン・レッドのライブ。2019年のクラブ・ツアーで、その頃はまだスターじゃなかったんだけど、その頃からものすごく輝いてた。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
セヴダリザとストームジー。私とストームジーが組んだらいいバンドができるんじゃないかな(笑)。セヴダリザは、やることが飛び抜けてる。やり方もね。エネルギッシュなところが大好きだし、彼女も私に共感してくれそう。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
海外で暮らすイラン人たちのサブカルチャー。それが私をここまで育ててくれたから。それからゴスも。クラシカルな要素とゴスの要素を組み合わせたスタイルが好き。上品なポロシャツにバランス良くレースを組み合わせて、ゴールドのアクセサリーを着けるのが私のスタイル。その次に影響を受けたのは、オペラのアカデミックなシックさ。オペラのコーラスで何年も歌ってて、そういう環境でバイオリンを弾いてたから、きちんとしたシックな服は必要不可欠だったし、そのお堅いちょっとおかしな環境に合わせざるを得なくて。そのことが、私の入り混じったスタイルをよく物語ってる気がする。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
ローリン・ヒル。作ったアルバムは1枚だけなのに、こんなふうに世界中に影響を与えてるのが信じられない。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
意外かもしれないけど、インディペンデントの会場での経験はまだ多くないの。でも前に、家のバルコニーで即興ライブをしたら、下に人だかりができて。その一画はなかなかいいたまり場だったわよ。あと、ドックヴィルのフェスティバルやいろいろな小規模イベントも大好き。それがハンブルクのいいところ。ああ、それからDocksも。かなり大きなコンサート会場だけど、すごく好き。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
リトル・シムズ。

繰り返し聴いた最初の曲は?
カーラ・ブルーニの「Quelqu'un m'a dit」。

あなたの十代を定義する曲は?
あはは。今メインストリームのポップスをやってる私としては恥ずかしいけど、ケリー・ヒルソンとカニエ・ウェストの「Knock You Down」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
カニエ・ウェストの『The Life Of Pablo』。

あなたが書いてみたかった曲は?
ロザリアの「PIENSO EN TU MIRÁ」。トラディショナルな要素とキャッチ―な要素の組み合わせ方が好き。最高!

大声で歌ってしまうベスト・ソングは?
ファラマルツ・アスラーニの「Age Ye Rooz」。

意外に好き、という曲は?
コナン・モカシンの「I'm The Man, That Will Find You」。

あなたをダンスフロアに向かわせる曲は?
またローリン・ヒルだけど、「Can't Take My Eyes Off of You」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
リー・フィールズの「It Rains Love」。

今聴いている新しいバンドは?
イェンドリー
アントン・ヴァイル
ディジー
The KTNA
オケイ・カヤ
リゾ
シンバ