MARK STEWART

Musician - Bristol

名前は?
マーク・スチュワート(Mark Stewart)。

肩書は?
ミュージシャン。

出身は?
ブリストル。これまで違う惑星に居た者としてというのと、ラスタメイトが言うには、自分らはブリストル流儀によりアウターナショナル。

あなたのスタイルを三語で。
ラウンジ 無骨な クチュール。
Lounge lout-couture.

これまでに観た最高のライブは?
76年ICA(インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツ)でのザ・クラッシュ。まさに反逆のエネルギーを感じたよ。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
ブリストルにある伝説的なザ・バンブー・クラブにて子供の時に観たザ・レヴォリューショナリーズ。ドラマーのスタイル・スコットは、俺にとっていわゆるビートメカニックで、世界最高ドラマーと思う2人のうちのひとりだ。次のチョイスはオフィシャルにバンドとも言えないけれど、マルコム・X。未亡人を祝福する形で、彼のヴォイスサンプルを使った曲を制作した、もう一人の世界的ベストドラマーのキース・ルブランに共感しているからね。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
ラガマフィン。あの悩める時期に、口先だけの少年としてテラスの伝説にならずに済んだのはジャ・スティッチ、ジャ・ウーッシュ、プリンス・ハマーやプリンス・ファー・ライなど70年代のディージェイ達による苦しみを唄った曲とスピリチュアルな影響があったからこそ。最後の2人と一緒にやれたことはすごく光栄だったな!

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
革命的歴史上、きわめて重要な瞬間にタイムトラベルしてきた様に現れた、イルミノイドとも言えるサンジェルマン伯爵。あの人との1時間は必死になるほど欲しいものだ。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
ロンドンのマーキー・クラブ。エルヴィス・プレスリーが他界した日に、ザ・ポップ・グループと演奏した最高の思い出があるね。ブリストリアン・パンクのレジェンドで友達でもある、The Cortinaの単なるサポートバンドだったけど、ギグが終わったあとにブリストルのファン雑誌『Loaded』のフロントカバーになったんだ(ワォ!)。パブリック・イメージ・リミテッドのキース・レヴィンとはあの夜に初めて会ってさ、出たところの道にある正門について素敵な会話をしたんだよ。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
『Nice One Cyril』を制作したThe Cockerel Chorus。リリース後とりあえずこの曲が、至る所のヤバい奴らにとって紛れもないスローガンになってたね。

繰り返し聞いた最初の曲は?
Action Manのレコードを持っていて、それに入っていたクレイジーなヘリコプター音ともに「戦闘司令官、基地へ」とずっと言っている1曲かな。4歳の時に聴かなければ良かったというのも、長期に渡ってジョン・マイルズのことを好きになるチャンスを一切無くしたんだよ。

あなたの十代を定義する曲は?
ジョブライアスの「Take Me I’m Yours」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
マーク・スチュワート&マフィアの『Learning To Cope With Cowardice』。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
キース・ルブランとマルコム・Xの「No Sell Out」。

あなたが書いてみたかった曲は?
ウィリアム・ブレイクの「エルサレム」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ヤビー・ユーの「Yabby You Sound」。

意外に好き、という曲は?
トラヴィスの「Driftwood」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
トリッキーの「Aftermath」、たまたま彼をお手伝いしたんだよ。

今聴いている新しいバンドは?
Textbeakとアルジアーズ & プース・マリー。

名前は?
マーク・スチュワート(Mark Stewart)。

肩書は?
ミュージシャン。

出身は?
ブリストル。これまで違う惑星に居た者としてというのと、ラスタメイトが言うには、自分らはブリストル流儀によりアウターナショナル。

あなたのスタイルを三語で。
ラウンジ 無骨な クチュール。
Lounge lout-couture.

これまでに観た最高のライブは?
76年ICA(インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツ)でのザ・クラッシュ。まさに反逆のエネルギーを感じたよ。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
ブリストルにある伝説的なザ・バンブー・クラブにて子供の時に観たザ・レヴォリューショナリーズ。ドラマーのスタイル・スコットは、俺にとっていわゆるビートメカニックで、世界最高ドラマーと思う2人のうちのひとりだ。次のチョイスはオフィシャルにバンドとも言えないけれど、マルコム・X。未亡人を祝福する形で、彼のヴォイスサンプルを使った曲を制作した、もう一人の世界的ベストドラマーのキース・ルブランに共感しているからね。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
ラガマフィン。あの悩める時期に、口先だけの少年としてテラスの伝説にならずに済んだのはジャ・スティッチ、ジャ・ウーッシュ、プリンス・ハマーやプリンス・ファー・ライなど70年代のディージェイ達による苦しみを唄った曲とスピリチュアルな影響があったからこそ。最後の2人と一緒にやれたことはすごく光栄だったな!

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
革命的歴史上、きわめて重要な瞬間にタイムトラベルしてきた様に現れた、イルミノイドとも言えるサンジェルマン伯爵。あの人との1時間は必死になるほど欲しいものだ。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
ロンドンのマーキー・クラブ。エルヴィス・プレスリーが他界した日に、ザ・ポップ・グループと演奏した最高の思い出があるね。ブリストリアン・パンクのレジェンドで友達でもある、The Cortinaの単なるサポートバンドだったけど、ギグが終わったあとにブリストルのファン雑誌『Loaded』のフロントカバーになったんだ(ワォ!)。パブリック・イメージ・リミテッドのキース・レヴィンとはあの夜に初めて会ってさ、出たところの道にある正門について素敵な会話をしたんだよ。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
『Nice One Cyril』を制作したThe Cockerel Chorus。リリース後とりあえずこの曲が、至る所のヤバい奴らにとって紛れもないスローガンになってたね。

繰り返し聞いた最初の曲は?
Action Manのレコードを持っていて、それに入っていたクレイジーなヘリコプター音ともに「戦闘司令官、基地へ」とずっと言っている1曲かな。4歳の時に聴かなければ良かったというのも、長期に渡ってジョン・マイルズのことを好きになるチャンスを一切無くしたんだよ。

あなたの十代を定義する曲は?
ジョブライアスの「Take Me I’m Yours」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
マーク・スチュワート&マフィアの『Learning To Cope With Cowardice』。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
キース・ルブランとマルコム・Xの「No Sell Out」。

あなたが書いてみたかった曲は?
ウィリアム・ブレイクの「エルサレム」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ヤビー・ユーの「Yabby You Sound」。

意外に好き、という曲は?
トラヴィスの「Driftwood」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
トリッキーの「Aftermath」、たまたま彼をお手伝いしたんだよ。

今聴いている新しいバンドは?
Textbeakとアルジアーズ & プース・マリー。

Mark Stewart & The Maffia | Liberty City

Mark Stewart | Paranoia

The Pop Group | She Is Beyond Good & Evil

The Pop Group | Where There's A Will