ブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリストとインタビュー。

IRVINE WELSH

Writer - Edinburgh

名前は?
アーヴィン・ウェルシュ(Irvine Welsh)。

肩書は?
小説家。

出身は?
エディンバラ。

あなたのスタイルを3語で。
ある、必要、・・たわごとかな。
One needed:shite.

音楽的インスピレーションを与えた人物は?
デヴィッド・ボウイ。彼を二回もすっぽかしたんだ。自分ががっつきすぎたファンだと恥をさらすのが怖かった。

別人だったら? 関心のあるキャリアは?
プロテニスプレイヤー。トッププレイヤーになるのに十分なぐらい通っていたよ。打たれることを恐れていないボクサーのようにね。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
パンクとハウス両方が、人生を変えるほどのカルチャー的瞬間だった。それら二つとも支配者について「くそったれ。この船を操ってやる」って言っていたよ。ぼくらはその時代にスピリットをなくして没頭したんだ。

音楽は何かを変えうる?
人を変える。その人が音楽で他のみんなを変えるんだ。

インディーズの会場というのはイギリスのミュージシャンにとってどれくらい重要?
必要不可欠。もしどこにも演奏するところがなかったらソーシャルライフもカルチャーもないよ。

これまでに観た最高のライブは?
1973年、エディンバラでのロキシー・ミュージックのライブ。

歴史上のバンドと共演するなら?
レッド・ツェッペリン。


アーヴィン・ウェルシュは1993年出版の小説『トレインスポッティング』の著者として名高い。
ダニー・ボイルによって『トレインスポッティング』として映画化された後、サウンドトラックと共に1990年代のイギリス映画における不朽の名作となった。
彼の話はしばしば生まれ故郷であるエディンバラを中心に、アクセントやフレーズを伝える特徴的な音声スタイルを用いて反体制文化やスコットランドの労働者階級のアイデンティティについて探求し、またドラッグの使用やセックス、暴力や犯罪などのテーマに対してひるまず描写している。

繰り返し聴いた最初の曲は?
T・レックスの「Telegram Sam」。

あなたの十代を定義する曲は?
T・レックスの「Get It On」。多分ほかのどのトラックよりもその曲に心をつかまれた。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
クラフトワークの「Europe Endless」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
デヴィッド・ボウイの『Station to Station』。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
ザ・クラッシュの「London Calling」。
手を差しのべるのは大事だ。ロンドンは決してそうしなかったけど。だからスコットランドのインディーとかブレグジットとかあるよね。

ご両親がかけていたであろうレコードは?
フランク・シナトラの『Songs For Swingin Lovers』。

あなたが書いてみたかった曲は?
ザ・ポーグスの「Fairytale of New York」。ホリデーシーズンの素晴らしいバラードであり、素晴らしい気高さだね。

今聞いている新しいバンドは?
たくさんかけるけど、いつもでもレコードをオフにできる。そうしないといけないんだ、そうしないと何も進まないからね。ノヴェリストのちょっとしたファンだ。グライムは、UKで起きたハウス以来の最高の音楽だよね。

名前は?
アーヴィン・ウェルシュ(Irvine Welsh)。

肩書は?
小説家。

出身は?
エディンバラ。

あなたのスタイルを3語で。
ある、必要、・・たわごとかな。
One needed:shite.

音楽的インスピレーションを与えた人物は?
デヴィッド・ボウイ。彼を二回もすっぽかしたんだ。自分ががっつきすぎたファンだと恥をさらすのが怖かった。

別人だったら? 関心のあるキャリアは?
プロテニスプレイヤー。トッププレイヤーになるのに十分なぐらい通っていたよ。打たれることを恐れていないボクサーのようにね。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
パンクとハウス両方が、人生を変えるほどのカルチャー的瞬間だった。それら二つとも支配者について「くそったれ。この船を操ってやる」って言っていたよ。ぼくらはその時代にスピリットをなくして没頭したんだ。

音楽は何かを変えうる?
人を変える。その人が音楽で他のみんなを変えるんだ。

インディーズの会場というのはイギリスのミュージシャンにとってどれくらい重要?
必要不可欠。もしどこにも演奏するところがなかったらソーシャルライフもカルチャーもないよ。

これまでに観た最高のライブは?
1973年、エディンバラでのロキシー・ミュージックのライブ。

歴史上のバンドと共演するなら?
レッド・ツェッペリン。


アーヴィン・ウェルシュは1993年出版の小説『トレインスポッティング』の著者として名高い。
ダニー・ボイルによって『トレインスポッティング』として映画化された後、サウンドトラックと共に1990年代のイギリス映画における不朽の名作となった。
彼の話はしばしば生まれ故郷であるエディンバラを中心に、アクセントやフレーズを伝える特徴的な音声スタイルを用いて反体制文化やスコットランドの労働者階級のアイデンティティについて探求し、またドラッグの使用やセックス、暴力や犯罪などのテーマに対してひるまず描写している。

繰り返し聴いた最初の曲は?
T・レックスの「Telegram Sam」。

あなたの十代を定義する曲は?
T・レックスの「Get It On」。多分ほかのどのトラックよりもその曲に心をつかまれた。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
クラフトワークの「Europe Endless」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
デヴィッド・ボウイの『Station to Station』。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
ザ・クラッシュの「London Calling」。
手を差しのべるのは大事だ。ロンドンは決してそうしなかったけど。だからスコットランドのインディーとかブレグジットとかあるよね。

ご両親がかけていたであろうレコードは?
フランク・シナトラの『Songs For Swingin Lovers』。

あなたが書いてみたかった曲は?
ザ・ポーグスの「Fairytale of New York」。ホリデーシーズンの素晴らしいバラードであり、素晴らしい気高さだね。

今聞いている新しいバンドは?
たくさんかけるけど、いつもでもレコードをオフにできる。そうしないといけないんだ、そうしないと何も進まないからね。ノヴェリストのちょっとしたファンだ。グライムは、UKで起きたハウス以来の最高の音楽だよね。

Irvine Welsh reading an extract from 'The Blade Artist'

Trainspotting (1996) Trailer

The Acid House (1999) Trailer

Ecstacy (2011) Trailer

Filth (2013) Trailer