BRUCE FOXTON

Musician - Surrey

名前は?
ブルース・フォクストン(Bruce Foxton)。

肩書は?
フロム・ザ・ジャム。

出身は?
サリー。

あなたのスタイルを3語で。
品格 の 高さ。
A lot of class.

これまでに観た最高のライブは?
100クラブでのセックス・ピストルズ。「アナーキー・イン・ザ・U.K.」が本当に素晴らしくて、僕らの目指す方向を照らしてくれているようだった。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
スモール・フェイセス、ザ・ビートルズ、ザ・キンクス。あの時代の曲はすごくいい。レイ・デイヴィスのソングライティングは見事だよ。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
2番目の兄のデレク。まさに正統派モッズで、憧れの存在だった。服もイカしてたし、ランブレッタ も持ってた。あんな風になりたいと思ってたよ。兄貴のマネしたかったな。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
ウィンストン・チャーチル。彼に関するものを読んだり、彼の実績を知ったりすると、偉い奴だったみたいだから。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
よく聞かれるんだけど、好きな曲を選ぶのと同じで、候補は本当にたくさんある。会場もありすぎて、選ぶのは本当に難しい。ありがたいことに、ザ・ジャム、そしてフロム・ザ・ジャムはどこでも結構歓迎されるんでね。ひとつだけっていうのは無理だよ。どこも素晴らしい。


1976年、ザ・ジャムのベーシストとして一躍ミュージックシーンに躍り出たブルース・フォクストン。最近では、NME誌の読者投票で、世界で「最も影響力のあるベースプレーヤー」7位に選ばれました。彼はラッセル・ヘイスティングスとともに、「フロム・ザ・ジャム」名義でザ・ジャムの楽曲を演奏し続けています。

繰り返し聴いた最初の曲は?
ゴールデン・イヤリング、「Radar Love」。思い浮かぶことといえば、ずっと昔、1970年代初めに行ったあるパーティのことだね。飲んで盛り上がったんだけど、レコードがなくて、ゴールデン・イヤリングばっかり何回も何回もかかってたんだ。レコード持ち寄り制になってたんだけど、持ってきた人はあまりいなかった。

あなたの十代を定義する曲は?
アンダートーンズ、「Teenage Kicks」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
ザ・ジャム、「Going Underground」。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
さっきも言ったけど、たぶんレイ・デイヴィスが書いた曲で、「Waterloo Sunset」。

あなたが書いてみたかった曲は?
ザ・ビートルズ、「ヘイ・ジュード」。

大声で歌ってしまうベスト・ソングは?
セックス・ピストルズ 、「Holidays in The Sun」。

意外に好き、という曲は?
たぶん「Radar Love」だろうね。ただし、この曲に洗脳されたっていうのがその理由さ。

あなたをダンスフロアに向かわせる曲は?
この質問は削除してくれよ。踊るおっさん? ダンスフロアに出たりしないよ。もしそうしたら無茶苦茶なことになるだろうね。酔ってなきゃできないね。ステイタス・クォー的なやつか。そりゃ、ちょっと面目が立たないなあ!

今聴いている新しいバンドは?
今のところ、新しいバンドですごく気に入っているのはあまりいないな。60年代から70年代にかけての、昔からのお気に入りにはまってる。でも、ノエル・ギャラガーの最新アルバムは買ったよ。たまには大金をはたくってわけさ。

名前は?
ブルース・フォクストン(Bruce Foxton)。

肩書は?
フロム・ザ・ジャム。

出身は?
サリー。

あなたのスタイルを3語で。
品格 の 高さ。
A lot of class.

これまでに観た最高のライブは?
100クラブでのセックス・ピストルズ。「アナーキー・イン・ザ・U.K.」が本当に素晴らしくて、僕らの目指す方向を照らしてくれているようだった。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
スモール・フェイセス、ザ・ビートルズ、ザ・キンクス。あの時代の曲はすごくいい。レイ・デイヴィスのソングライティングは見事だよ。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
2番目の兄のデレク。まさに正統派モッズで、憧れの存在だった。服もイカしてたし、ランブレッタ も持ってた。あんな風になりたいと思ってたよ。兄貴のマネしたかったな。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
ウィンストン・チャーチル。彼に関するものを読んだり、彼の実績を知ったりすると、偉い奴だったみたいだから。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
よく聞かれるんだけど、好きな曲を選ぶのと同じで、候補は本当にたくさんある。会場もありすぎて、選ぶのは本当に難しい。ありがたいことに、ザ・ジャム、そしてフロム・ザ・ジャムはどこでも結構歓迎されるんでね。ひとつだけっていうのは無理だよ。どこも素晴らしい。


1976年、ザ・ジャムのベーシストとして一躍ミュージックシーンに躍り出たブルース・フォクストン。最近では、NME誌の読者投票で、世界で「最も影響力のあるベースプレーヤー」7位に選ばれました。彼はラッセル・ヘイスティングスとともに、「フロム・ザ・ジャム」名義でザ・ジャムの楽曲を演奏し続けています。

繰り返し聴いた最初の曲は?
ゴールデン・イヤリング、「Radar Love」。思い浮かぶことといえば、ずっと昔、1970年代初めに行ったあるパーティのことだね。飲んで盛り上がったんだけど、レコードがなくて、ゴールデン・イヤリングばっかり何回も何回もかかってたんだ。レコード持ち寄り制になってたんだけど、持ってきた人はあまりいなかった。

あなたの十代を定義する曲は?
アンダートーンズ、「Teenage Kicks」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
ザ・ジャム、「Going Underground」。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
さっきも言ったけど、たぶんレイ・デイヴィスが書いた曲で、「Waterloo Sunset」。

あなたが書いてみたかった曲は?
ザ・ビートルズ、「ヘイ・ジュード」。

大声で歌ってしまうベスト・ソングは?
セックス・ピストルズ 、「Holidays in The Sun」。

意外に好き、という曲は?
たぶん「Radar Love」だろうね。ただし、この曲に洗脳されたっていうのがその理由さ。

あなたをダンスフロアに向かわせる曲は?
この質問は削除してくれよ。踊るおっさん? ダンスフロアに出たりしないよ。もしそうしたら無茶苦茶なことになるだろうね。酔ってなきゃできないね。ステイタス・クォー的なやつか。そりゃ、ちょっと面目が立たないなあ!

今聴いている新しいバンドは?
今のところ、新しいバンドですごく気に入っているのはあまりいないな。60年代から70年代にかけての、昔からのお気に入りにはまってる。でも、ノエル・ギャラガーの最新アルバムは買ったよ。たまには大金をはたくってわけさ。

The Jam - 'David Watts'

The Jam - 'News Of The World'

The Jam - 'All Around The World'

The Jam - 'The Eton Rifles'