Twitter Line Facebook Share
2021 フレッドペリー・チャンピオンシップ

テニス

The 2021 Fred Perry
Championship

2021 フレッドペリー・チャンピオンシップ

2021年9月
Photo and video content by Getty Images

本年度の優勝者である未来のテニスチャンピオンたちをご紹介します。

2021年の大会では、イギリス各地で地域予選が開催され、決勝戦前の週末にはノッティンガム、マンチェスター、ホーヴのテニスコートで試合が行われました。

決勝戦が行われたのは、フレッドが愛したブレンサム・クラブと、その先にあるピッツハンガー・パークとラマス・パークのウィル・トゥ・ウィン・コミュニティコートです。昨年同様、週末には各試合のスコア速報をリアルタイムで更新。また日曜日の決勝戦は緊張感に包まれたライブストリーミングを配信。観客のみなさんには自宅のリビングルームでリラックスして試合を観戦していただきました。

日曜日のキックオフには、ウィンブルドンヘッドコーチであるダン・ブロックサム氏が、競技者と新進気鋭のプレーヤーたちを招待しました。ブロックサム氏は、テニスに向かう姿勢やテニスを通じて学べることについて参加者にアドバイスをしました。「Practice makes permanent(継続は力なり)」は、コーチから今回のセッションへ向けた言葉です。

男女の各年齢グループの優勝者には、ウェアのスポンサーシップとテニス助成金、そしてフレッド・ペリー本人の言葉「Be Absolutely Dedicated(一心不乱であれ)」が刻まれたメダルが授与されました。

U18 girls winner – Yandy Cheuk Ying Shek
U14 Girls winner – Francesca Simpson
U12 Girls winner – Martha Ground
U12 Boys winner – Murray Watters
U14 Boys winner – Arthur Attrill
U16 Boys Winner – Phoenix Weir
U18 boys winner – Jonah Gethin