ブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリストとインタビュー。

ALFIE KUNGU

Artist - Hebden Bridge

名前は?
アルフィー・カング(Alfie Kungu)。

肩書は?
アーティスト。

出身は?
ヘブデン・ブリッジ。

あなたのスタイルを3語で。
スポーティー、XXL、乱雑。
Sporty, XXL, Messy.

これまでに観た最高のライブは?
アムステルダムでのジェフ・ミルズ+ヘッセル・オーディオのライブ。大好きな人たちと一緒に太陽の下で踊ったよ。

歴史上のアーティストで誰と作品を一緒に作りたい?
ザ・マペッツのクリエイターのジム・ヘンソン。出てくるキャラターを作ったり声を当てたりするのがとても楽しそうだから。是非やってみたいしキャラクターを作ってみたいね。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
十代を過ごした北部でのことかな。そこにはフリーのレイヴパーティーを開いてくれるような、驚くほどセンスのいい人たちがいて色々ないい音楽と出会ったよ。グラフィティを通じて、僕のペインティング方法に影響を与えてくれた人と多く知り合ったんだ。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
デイビッド・アッテンボロー。動物について一日中彼とおしゃべりできるから。最高の人さ。

あなたの作品を展示した会場の中でお気に入りは?
ロンドンの現代美術館(The ICA)。そこで自分の作品を見ることができてとても誇らしかったよ。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
ハイプ・ウィリアムス。彼は素晴らしい音楽を作りながらも表に出ないことを選び続けたんだ。
ノレッジ(Knxwledge)も毎日聞いている。彼がすることを、本当に評価しているんだ。



コールドロップヤード店のオープンを記念して、インディーズの草分け的雑誌CrackMagazineとチームを組み、「Departures」を制作。5人のクリエイターと彼らを形成した半生を特集した小冊子とオンラインシリーズです。

繰り返し聴いた最初の曲は?
ディジー・ラスカルの「Jezebel」。

あなたの十代を定義する曲は?
KRS・ワンの「MC's Act Like They Don't Know」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
マッドリブの『Medicine Show 5』。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
ノレッジのビート全部。日々アートワークをしているときに感じているよ。

あなたが書いてみたかった曲は?
ジェームス・ブラウンの「The Payback」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ソース・ダイレクトの全曲!

意外に好き、という曲は?
ゴードン・ライトフットの「Something Very Special」。

あなたをダンスフロアに向かわせる曲は?
ジルベルト・ジルの「Toda Menina Bahiana」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
スラム・ヴィレッジの「Fall in Love (instrumental)」。
ディーン・ブラント&インガ・コープランドの『Black Is Beautiful(EBONY版)』の「track2」。

今聴いている新しいバンドは?
レックスレコード(LEX records)所属のマイク(MIKE)。

名前は?
アルフィー・カング(Alfie Kungu)。

肩書は?
アーティスト。

出身は?
ヘブデン・ブリッジ。

あなたのスタイルを3語で。
スポーティー、XXL、乱雑。
Sporty, XXL, Messy.

これまでに観た最高のライブは?
アムステルダムでのジェフ・ミルズ+ヘッセル・オーディオのライブ。大好きな人たちと一緒に太陽の下で踊ったよ。

歴史上のアーティストで誰と作品を一緒に作りたい?
ザ・マペッツのクリエイターのジム・ヘンソン。出てくるキャラターを作ったり声を当てたりするのがとても楽しそうだから。是非やってみたいしキャラクターを作ってみたいね。

あなたに影響を与えたサブカルチャーは?
十代を過ごした北部でのことかな。そこにはフリーのレイヴパーティーを開いてくれるような、驚くほどセンスのいい人たちがいて色々ないい音楽と出会ったよ。グラフィティを通じて、僕のペインティング方法に影響を与えてくれた人と多く知り合ったんだ。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
デイビッド・アッテンボロー。動物について一日中彼とおしゃべりできるから。最高の人さ。

あなたの作品を展示した会場の中でお気に入りは?
ロンドンの現代美術館(The ICA)。そこで自分の作品を見ることができてとても誇らしかったよ。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
ハイプ・ウィリアムス。彼は素晴らしい音楽を作りながらも表に出ないことを選び続けたんだ。
ノレッジ(Knxwledge)も毎日聞いている。彼がすることを、本当に評価しているんだ。



コールドロップヤード店のオープンを記念して、インディーズの草分け的雑誌CrackMagazineとチームを組み、「Departures」を制作。5人のクリエイターと彼らを形成した半生を特集した小冊子とオンラインシリーズです。

繰り返し聴いた最初の曲は?
ディジー・ラスカルの「Jezebel」。

あなたの十代を定義する曲は?
KRS・ワンの「MC's Act Like They Don't Know」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
マッドリブの『Medicine Show 5』。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
ノレッジのビート全部。日々アートワークをしているときに感じているよ。

あなたが書いてみたかった曲は?
ジェームス・ブラウンの「The Payback」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ソース・ダイレクトの全曲!

意外に好き、という曲は?
ゴードン・ライトフットの「Something Very Special」。

あなたをダンスフロアに向かわせる曲は?
ジルベルト・ジルの「Toda Menina Bahiana」。

オールナイト後に聴くのに最高の曲は?
スラム・ヴィレッジの「Fall in Love (instrumental)」。
ディーン・ブラント&インガ・コープランドの『Black Is Beautiful(EBONY版)』の「track2」。

今聴いている新しいバンドは?
レックスレコード(LEX records)所属のマイク(MIKE)。