タータンチェックの永遠の魅力

SUBCULTURE

Tartan’s Timeless
Appeal

タータンチェックの永遠の魅力

Words by James Anderson

一見シンプルな柄ながら、ファッション界でもリスペクトされているタータンチェック。モッズ、スキンヘッド、ルードボーイ&ルードガールだけでなく、パンク、ニューロマンティック、グランジといったジャンルのミュージシャンから、2000年代初期のミレニアル世代やアバンギャルドなファッションファンまで、何十年にも渡って世界中で愛され続けています。

どんな時でも誰もが一目で認識できるタータンチェック。一見見慣れた十字ラインやチェック模様ですが、実は多種多用なサイズや色合いによって織られているため、より深く観察し理解すべき柄でもあります。さらに掘り下げると、タータンチェックは、過去から現在までの主要なサブカルチャーの中に様々な形で登場し、日々更新されるファッションのタイムラインにしっかりと縫い込まれていることに気付きます。何百年も前に普段着としてタータンチェック柄の服を着ていたスコットランド高地の人々は、明らかに自分のセンスの良さを自覚していたことでしょう。

20世紀半ば以降、「タータン主義」とも言える現象は、若者や反骨精神を持つ人々の間で受け入れられてきました。例えば1950年代には、音楽業界や映画界に登場した新たなヒーローたちが火付け役となり、タータンチェックのライナーを施した軽量のハリントンジャケットが再ブームになりました。これは、それまでゴルフのような穏やかなアウトドアスポーツで使用されていたアウターですが、エルヴィス・プレスリーやジェームズ・ディーンがリーゼントヘアでセクシーな魅力をアピールしながらジッパーデザインのハリントンジャケットを大胆に着こなし、世界中の十代の若者たちがこのルックを真似しました。

その後10年間で、タータンチェックのライナー付きハリントンジャケットは更に進化し、時代を超えたクールなウェアという地位を獲得しました。そして60年代にはシャープな着こなしを好んだモッズから愛用されるようになり、続く60年代後半から80年代にかけて、スカを愛するスキンヘッズ、ルードボーイ&ルードガールの定番アイテムとなりました。フレッドペリーでタイムレスな人気を誇るハリントンジャケットは、このトレンドを引き継ぎ、サブカルチャーとの繋がりを何年にも渡って維持してきました。スタイリッシュなタータンチェックのソックス、ボタンダウンシャツ、タータンのニットウェアなど、スキンヘッズたちに愛された当時の定番アイテムは、フレッドペリーのコレクションアイテムとして現在も販売されています。

1960年代には、この他にもタータンチェックの革新が起こりました。先鋭的デザイナーのピエール・カルダンがタータンチェックを自身のデザインに取り入れ、ロンドンでは、斬新なテーラリングで知られるトミー・ナッターが、ポップカルチャーからのインスピレーションとサヴィル・ロウで培った自らの経験を融合し、さらにタータンチェックと組み合わせました。躍動的な60年代から70年代へと変化していく中で、ゆったりとしたフレアパンツと大きなラペルが目を惹くスーツにタータンチェックを多用したトミー・ナッターのデザインは、グラムロックの世界で最も目の肥えたインフルエンサーと言われたデヴィッド・ボウイにも愛されました。70年代半ばになると、漫画に出てきそうなファッションで知られるロックグループのスレイドや、スコットランドのボーイズバンドとして人気を誇ったベイ・シティ・ローラーズが、キッチュなイメージを表現するモチーフとしてタータンチェックを採用しましたが、彼らがチープな印象を与えても、誰もが愛するタータンチェックの品格は崩れることがありませんでした。

そして70年代後半となり、ロンドンでパンクが全盛期を迎えると、ボンデージパンツやスーツに鮮やかなタータンチェックを取り入れることは、ユーモアなデザインというより、むしろ破壊的でアナーキーな印象を与えるようになります。これらのデザインの原型は、ヴィヴィアン・ウエストウッドやマルコム・マクラーレンによって解き放たれ、都市部のパンクス達の垣根を超えてあらゆるパンク信奉者たちの間で熱狂的人気となり、DIYやカスタマイズ、あるいはもっと安いタータンチェック柄のウェアといった形で自由にアレンジされていきました。このタータンチェックへの熱狂的な支持は、80年代初頭のポストパンクやニューロマンティックといった音楽ジャンルの中でも変化し続けました。今から40年前 – 私たちがインスタグラムにベストルックを投稿する遥か以前は、鮮やかなタータンチェックをうまく取り入れることで、ウィットに富んでいて洒落たポストモダンな印象を演出できたのです。このようなファッションに身を包んだ人たちが、当時で言えば『i-D』などのカルト的ストリートスタイルを発信する雑誌に掲載されることもあり、雑誌に自分の写真が載ることは、20世紀のトレンドセッターにとって究極の栄誉でした。

そして90年代になると、シアトルから生まれたグランジが、企業化が進む世界的な音楽シーンに、純粋で飾らないアンチ・ファッション的な発想とパンクスピリッツをもたらしました。古着屋で購入したタータンチェックのシャツを、しわくちゃのまま無地のTシャツの上にさりげなく羽織り、破れて色あせたジーンズを合わせる – ニルヴァーナのフロントマンだったカート・コバーンのコーディネートは、ニルヴァーナのようなバンドが好きなファンの間でユニフォームとなりました。また、モッシュピットから遥かに離れたパリやロンドンのランウェイでも、数十年に渡ってタータンチェックを用いたファッションが披露されてきました。

アバンギャルドな日本のデザイナーズブランドであり、長年フレッドペリーとコラボレートしてきたコム・デ・ギャルソンのコレクションにも取り入れられていることは言うまでもありません。2000年代初頭になると、古着のタータンチェックシャツが新たに「ヴィンテージ」とブランディングされて人気が再燃し、スキニージーンズを履くミレニアル世代がレトロなブティックやeBayで買い求めるようになりました。最近では、グラスゴー出身でロンドンを拠点に活動しているデザイナー、チャールズ・ジェフリーが、自身のブランド、ラバーボーイに2018年にThe Scottish Register of Tartans(スコットランド・タータン登記所)に正式登録したオーダーメイドのタータンチェック柄を取り入れて、ノンバイナリーやクラブキッズのムードを醸す作品を発表しています。

モダンでありながら伝統的、折衷的でありながらアイコニックなタータンチェックは、様々な人やグループに愛され続け、様々なジャンルのファッションを通して、その真の姿を何度も私たちに見せてくれています。タータンチェックは永遠です。