フレッドペリー x ニコラス・デイリー

COLLABORATION

Fred Perry x
Nicholas Daley

フレッドペリー x ニコラス・デイリー

2020年9月
キャットウォークの写真はニコラス・デイリーのショー「The Abstract Truth」より。
Backstage photography by Zoe Lower
Photography by Bolade Banjo

英国のデザイナー、ニコラス・デイリーは、パンクとレゲエという英国に根付いた2つのサブカルチャーの交流を探求しています。 

コンテンポラリーカルチャーと伝統的なクラフトマンシップを融合する共通のアプローチがフレッドペリーとニコラス・デイリーを結びつけました。

両ブランドはお互いにイギリスの様々なサブカルチャーをリスペクトするとともに、音楽とファッションの切り離せない関係についても掘り下げています。さらに同じようなビジョンを持つコラボレーターたちとの強い繋がりにおいても様々な接点を持っています。

ジョン・ライドン、ザ・スリッツ、ザ・クラッシュといった影響力のあるミュージシャンに加え、Obongjayar、ヤング・ファーザーズ、ブラック・ミディ、キング・クルールなどの現代アーティストからのインスピレーションもこのコレクションに影響を与えています。

“僕の名前はObongjayar。出身はナイジェリアのカラバル。ミュージシャンであり、あらゆるものを作っている。”

あなたのスタイルを3つの言葉で表すと?

3つの言葉なら、快適、サステナブル、シャープ。

自分の音楽をどう表現する?

難しいな。今でも僕の音楽は進化し続けていると思うから。
どうカテゴライズすればいいか決めようとしてるんだけど、今のところポスト・アフロかな。

今ロンドンに住んでいて、どんなことにインスパイアされてる?

ロンドン暮らしは以前からクリエイティビティに大きく影響している。
アクセス、人々、多様性、街が持つエネルギーのおかげで前に進み続けてると思う。

今聴いている新しいバンドは?

色々あるけど、最近よく聴いてるのはバンドに限って言えば、Sault、Porridge Radio、Jerkcurbかな。