フレッドペリー x ニコラス・デイリー  音楽助成金

コラボレーション

The Fred Perry x Nicholas Daley
Music Grant

フレッドペリー x ニコラス・デイリー 音楽助成金

2020年10月

英国の未契約アーティストは全員集合せよ。作品を提出して、フレッドペリー&ニコラス・デイリー 音楽助成金に応募しよう。

音楽をルーツにフレッドペリーとのコラボレーションを行うニコラス・デイリーが、これまでインスピレーションを与えてくれたイギリスの音楽業界にお返しをするためのイニシアチブを考案しました。

イギリスの音楽業界は今、厳しい状況にあります。独立系ライブハウスは再開できず、ミュージシャンとして成功をめざす人々は別のルートを見つけない限り、シーンでブームを起こすことは望めません。フレッドペリー&ニコラス・デイリー音楽助成金は、ラッキーなアーティスト1名またはバンド1組に、腕を磨き作品を世界に出すための支援を提供します。

Nicholas Daley at the 100 Club

「音楽は私たち2つのブランドを結びつける力であり、コラボレーションによる各コレクションでも重要な役割を果たしています。だからこそ、音楽業界の存続が脅かされている今、力を合わせ、イギリスの次世代ミュージシャンをサポートするための音楽助成金を提供しようと考えたのです。
業界における専門知識によって優れた受賞者を選出することのできる、多様で経験豊かな審査員集団を揃えました。このプロジェクトの成果を楽しみにしています」ニコラス・デイリー

ニコラス・デイリーは、応募者の審査員として5人の業界専門家から成るパネルを選びました。ミュージシャンのオボンジェイヤー、ルシンダ・チュア、ナビハ・イクバル、Mixmagのデジタル部門ヘッドを務めるセブ・ウィーラー、有名なDJのドン・レッツです。

Nicholas’ friend and muse, musician Obongjayar
DJ Zakia Sewell
Photo by Caspar Swindells
DJ Don Letts
Musician Nabihah Iqbal
Mixmag’s Head of Digital, Seb Wheeler

では助成金の内容について説明しましょう。西ロンドンの歴史あるメトロポリス・スタジオと提携し、受賞者には一生に一度のレコーディング・マスタークラスが提供されます。メトロポリスは1989年にビクトリア朝の発電所の一部に作られたヨーロッパ最高峰の独立系レコーディング・スタジオで、世界でも有数のマスタリング・エンジニアを擁していますストームジー、FKAツイッグス、クイーン、ノエル・ギャラガーなどがレコーディングを行ったスタジオであり、ここなら間違いありません。

Legendary Metropolis Studios, West London

助成金の受賞者には、以下が与えられます。
– メトロポリス・スタジオでの2日間のマスタークラス
– メトロポリス・スタジオで曲をレコーディングし、同スタジオのエンジニアがミキシングとマスタリングを担当
– ブランド&キャンペーンの管理支援
– マスタークラスの準備と計画
– マスタークラスに先立つ技術的準備
– レコーディングおよびマスタリングの担当エンジニア
– メトロポリスのテクニカルライダー、機材、アンプ類へのアクセス
– ラッカー盤の作成

応募はイギリス在住の未契約アーティストに限り、2020年10月12日月曜日から同10月25日日曜日までの期間、受け付けます。
応募:https://www.fredperry.com/subculture/category/all/nicholas-daley-music-grant