フレッドペリー・カムデン

ショップオープニング

Fred Perry
Camden

フレッドペリー・カムデン

2019年10月
Photo by Phoebe Fox and Chazz Adnitt

フレッドペリーのカムデン・ハイストリート店がオープン。最新コレクションやコラボレーションに加え、地下ではカムデンの素晴らしいミュージック・ヘリテージを展示。

開店を祝福すべく、新しいエキシビジョンスペースでミュージックナイトが開催。アフターパーティは地元カムデンのバー、ザ・ホウリーアームズにて。

マッシヴ・アタックのダディ・Gによる、レイドバックしつつもさまざまな要素を取り入れたサウンドのセットで、リラックスした雰囲気の中パーティがスタート。その後は新進気鋭のスター、テイラー・スカイによるヒップホップやR&Bを散りばめた、ベースの効いたエレクトロニカが続きました。

パーティは伝説的なライブハウスでもある地元カムデンのバー、ザ・ホウリーアームズに場所を移し、ローラ・スティーブンス、サフィーヤ・カーン、トマス・グレッグスがDJセットをプレイ。ノーザン・ソウルで全員が盛り上がり、締めくくりにはディスコミュージックを少しだけ。カムデンの素晴らしいミュージック・ヘリテージは、これからも継承されます。

英国ポップカルチャーにおけるもっとも重要な瞬間、そのいくつかの中心となってきたカムデン。1960年代半ば以降、この街はクリエイティブ精神をインスパイアし、その成長を見守ってきました。これまでも、今も、カムデンは多様なグループが集まり、パレードをし、音楽を通じてスタイリッシュに団結や抵抗を示す場です。

カムデンにおける音楽のランドスケープは、ライブシーンから生まれます。1966年、ザ・ラウンドハウスがライブハウスとしてローンチして以来、ジ・エレクトリック・ボールルーム、ディングウォールズ、ザ・ダブリン・キャッスル、ココ、ザ・デヴォンシャー・アームズなどなど、数多くのライブハウスがその舞台となってきました。

展示では稀少なオリジナルのアイテムや画像が一堂に。1966年から現在までのカムデンの音楽史をたどります。

Fred Perry Camden, 255 Camden High Street,
London NW1 7BU