ブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリストとインタビュー。

PUMA BLUE

PUMA BLUE - London

名前は?
ジェイコブ。

肩書は?
ミュージシャン。

出身は?
ロンドン南部。

あなたのスタイルを三語で。
ムーディー・ヒューマン・ミュージック
Moody-human-music.

これまでに観た最高のライブは?
ブレインチャイルド・フェスティバルでSE Dub Collectiveとして友人が演奏をしているのを数年前に見たんだけどもほんとに最高だった。

あるいは2015年のディアンジェロ&ザ・ヴァンガード。何かを見るために僕が貯めた最高額の金額だった。あのレベルの音楽の才能を経験できたのは貴重なギフトだった。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
多分毎日答えが変わるんだけどな。でも今日のところはジキルとハイドのようなラインナップでダニー・ハサウェイとザ・コントーションズの二人と共演したいかな。とてもセクシーな感じになると思う。

どのサブカルチャーがあなたに影響を与えた?
これをサブカルチャーとしてとらえていいのか分からないけど、特に3年前ぐらいはミュージシャンとリスナーとしての成長や手厚いサポート・応援という観点からサウスイースト・ロンドンのライブミュージックシーンっていうのは僕に大きな影響を与えている。僕が望む音楽を作るのに間違いなくインスピレーションを与えてくれているし、絶対に妥協したりはしない。

もし歴史上のだれとでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
もし日本語を学ぶ時間があるのであれば谷崎潤一郎。まず、座って彼の話を聞いてみたくてたまらない。同じ理由でジミ・ヘンドリックス。音楽に関する想いについて質問してみたいね。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
とても温かい感じがするからThe Montague Armsが大好きなんだ。そこは僕が初めてメインアクトでライブをした会場でもある。そこのサウンドはいつも全開なのに心地良い。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
ショーティー・ピンプの曲で「Comin Real Wit It」の大ファンなんだ。1995年を感じるとてもいい曲なのに、なかなか評価が高まっていなくて。
サクソフォン演者のドン・バイアスは知られてないということではないんだけど、十分に評価されてない。彼は間違いなく僕の発声方法に影響を与えてる。


様々な楽器を演奏するジェイコブ・アレンは初期のエイミー・ワインハウスに影響を受けており、ブリティッシュ・ニュー・ウェーブ 2018にもノミネートされている。どこか悲しげなファルセットをトップで歌い上げる一方、ローファイ・ソウルに様々なジャズの要素を組み合わせている。2018年2月にはUKツアーを敢行。

繰り返し聴いた最初の曲は?
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Otherside」。8歳の時にレッチリを見つけて、そこから人生が変わった。

あなたの十代を定義する曲は?
ベックの「Everybody’s Gotta Learn Sometimes」。長い間お気に入りの映画の「エターナル・サンシャイン」でそれを初めて聴いた。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
ディアンジェロ『Voodoo』。理由を挙げたらきりがないよ。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
エリオット・スミスの「Roman Candle」。

あなたが書いてみたかった曲は?
たくさんある。だけどジェフ・バックリィの「Murder Suicide Meteor Slave」がトップ3に入ってくるかな。

テンションを上げるのに最高の曲は?
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンがカバーした「How I Could Just Kill A Man」。

意外に好き、という曲は?
リフューズドの「Worms Of The Senses/Faculties Of The Skull」。

徹夜の後に聴くのに最高の曲は?
エリカ・バドゥの「Fall In Love (Your Funeral)」。

今聞いている新しいバンドは?
昨年末に親しい友人のロイドから教えてもらったんだけど、メラニー・チャールズの「The Girl With The Green Shoes」。彼女はセルフ・プロデュースをしていて最高に滑らかな声と感覚を持っている。

名前は?
ジェイコブ。

肩書は?
ミュージシャン。

出身は?
ロンドン南部。

あなたのスタイルを三語で。
ムーディー・ヒューマン・ミュージック
Moody-human-music.

これまでに観た最高のライブは?
ブレインチャイルド・フェスティバルでSE Dub Collectiveとして友人が演奏をしているのを数年前に見たんだけどもほんとに最高だった。

あるいは2015年のディアンジェロ&ザ・ヴァンガード。何かを見るために僕が貯めた最高額の金額だった。あのレベルの音楽の才能を経験できたのは貴重なギフトだった。

歴史上のバンド二組と共演するなら?
多分毎日答えが変わるんだけどな。でも今日のところはジキルとハイドのようなラインナップでダニー・ハサウェイとザ・コントーションズの二人と共演したいかな。とてもセクシーな感じになると思う。

どのサブカルチャーがあなたに影響を与えた?
これをサブカルチャーとしてとらえていいのか分からないけど、特に3年前ぐらいはミュージシャンとリスナーとしての成長や手厚いサポート・応援という観点からサウスイースト・ロンドンのライブミュージックシーンっていうのは僕に大きな影響を与えている。僕が望む音楽を作るのに間違いなくインスピレーションを与えてくれているし、絶対に妥協したりはしない。

もし歴史上のだれとでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
もし日本語を学ぶ時間があるのであれば谷崎潤一郎。まず、座って彼の話を聞いてみたくてたまらない。同じ理由でジミ・ヘンドリックス。音楽に関する想いについて質問してみたいね。

あなたがプレイした会場の中で、一番のお気に入りはどこ?
とても温かい感じがするからThe Montague Armsが大好きなんだ。そこは僕が初めてメインアクトでライブをした会場でもある。そこのサウンドはいつも全開なのに心地良い。

一般的に脚光を浴びていない、あなたにとってのヒーロー・ヒロインは?
ショーティー・ピンプの曲で「Comin Real Wit It」の大ファンなんだ。1995年を感じるとてもいい曲なのに、なかなか評価が高まっていなくて。
サクソフォン演者のドン・バイアスは知られてないということではないんだけど、十分に評価されてない。彼は間違いなく僕の発声方法に影響を与えてる。


様々な楽器を演奏するジェイコブ・アレンは初期のエイミー・ワインハウスに影響を受けており、ブリティッシュ・ニュー・ウェーブ 2018にもノミネートされている。どこか悲しげなファルセットをトップで歌い上げる一方、ローファイ・ソウルに様々なジャズの要素を組み合わせている。2018年2月にはUKツアーを敢行。

繰り返し聴いた最初の曲は?
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Otherside」。8歳の時にレッチリを見つけて、そこから人生が変わった。

あなたの十代を定義する曲は?
ベックの「Everybody’s Gotta Learn Sometimes」。長い間お気に入りの映画の「エターナル・サンシャイン」でそれを初めて聴いた。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
ディアンジェロ『Voodoo』。理由を挙げたらきりがないよ。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
エリオット・スミスの「Roman Candle」。

あなたが書いてみたかった曲は?
たくさんある。だけどジェフ・バックリィの「Murder Suicide Meteor Slave」がトップ3に入ってくるかな。

テンションを上げるのに最高の曲は?
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンがカバーした「How I Could Just Kill A Man」。

意外に好き、という曲は?
リフューズドの「Worms Of The Senses/Faculties Of The Skull」。

徹夜の後に聴くのに最高の曲は?
エリカ・バドゥの「Fall In Love (Your Funeral)」。

今聞いている新しいバンドは?
昨年末に親しい友人のロイドから教えてもらったんだけど、メラニー・チャールズの「The Girl With The Green Shoes」。彼女はセルフ・プロデュースをしていて最高に滑らかな声と感覚を持っている。