ブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリストとインタビュー。

MILES KANE

Musician - The Wirral

名前は?
マイルズ・ケイン(Miles Kane)。

出身は?
リバプール近郊のウィラル。

職業は?
歌手、ギタリスト、作曲家。

あなたのスタイルを3語で。
Always in check.(常に考え抜く)

あなたの十代を定義する曲は?
多分オアシスだろうね。学校に通っていたころ、いつもMDで音楽を聴いていたんだ。MDの編集もしていたし、MDが大好きだったんだ! だからオアシスとかヴァーブとかデビューしたてのバッドリー・ドローン・ボーイが好きだったね。いつも音楽を聴きながら空想にふけっていたんだ。

お気に入りのアルバムからの一曲は?
僕はパンクとかポストパンクを聞くんだけど、ザ・ダムドのファーストアルバムには本当にはまったね。「Neat Neat Neat」っていう曲がアルバムにあるんだけど、それをずっと口ずさんでいたよ。ザ・クランプスとか、ミスフィッツのようなポストパンクもよく聞いていたね。

これは今あなたが取り組んでいる新しいソロ楽曲のヒントとなる?
うん、そうだね。ラモーンズから少しと、アグレッシブなポストパンクのザ・ダムドのエネルギッシュさ、クランプスなんかからインスピレーションを受けるね。

あなたの音楽をインスパイアするイギリスのミュージックアイコンといえば?
オアシス!って即答するのは避けとこう。ザ・ビートルズかな。彼らの音楽とスタイルは間違いなく僕に影響を与えているからね。それからオアシスとポール・ウェラーも同様。

最近聞いている新しいバンドは?
キャベッジがお気に入りかな。

これまで観た最高のライブは?
今まで多く語ってきたけれど、僕が15歳の時に初めて行ったライブの一つがリバプールであったスーパー・ファーリー・アニマルズだったんだ。初めて行くライブだったし、本当にそれを楽しみにしていたんだ。僕たちはバンドの目の前で、本当に良かった。それ以外ではオアシスだね。

当時リヴァプール界隈で成長するというのはどうだった?
僕が思春期を過ごした時期はザ・コーラルの初期で、ステージの彼らを見て僕をこう思わせたんだ。「ワオ。僕もやりたい。彼らに出来たなら自分も。」初めての経験だったことでインスパイアされたと思うけど、いい気分だった。毎週土曜日、ラ・バトーというクラブに行っていたんだ。下のフロアはインディーズで、上のフロアはソウルとモータウンをやっていたんだ。そこで僕の人生が変わったと思うね! DJのポールと仲良くなったんだけど、彼は僕にたくさんのノーザン・ソウルのレコードを聞かせてくれたし、帰りにはいつも家まで送ってくれたんだ。そのすべてにとてものめり込んだけど、そこまで深く引きずり込んだのはポールなんだ。

あなたの活動の中で最も素晴らしいものは何?
ライブをすること。それがすべてで、僕にとってもすべて。表現するのにベストの形。曲を書いたり、詩を書いたりするのもこのためで、最も好きな時間だね。一番シビれるところさ。

繰り返し聞いた最初の曲は?
すごい数あるね。初めてというわけではないんだけど、頭に浮かんでくるのはザ・カウント・ファイブの「Psychotic Reaction」だね。当時、その曲は無名だったんだけど、ギターがすごいのと後半からのビートの変化が素晴らしいんだ。子供のころだけど、そんな感じの曲を聞いたことがなかったのは覚えてるね。T・レックスとかデヴィッド・ボウイ、モータウンとかソウルを聞いて育ったんだけど、この曲を初めて聞いた時には全ての物事が変わったみたいだった。60年代のサイケに入っていくためのドアを開けたね。

あなたが書いてみたかった曲は?
ありがちな回答かもしれないけど、ポール・ウェラーが好きだね。「Changing Man」の歌詞が大好きっていう理由だけで。自分自身の変化とか、人生の変化とかについて個人的に書かれた歌が大好きだね。人生の中で「できた。進路もオールクリアで今いる自分に満足。これが自分だ。」と考える。ところがうまくいかない。ジェットコースターみたいにすべてがひっくり返される。自身の感覚に触れるような、またより良い自分になるため、あるいはステップアップするために誰もが通る道のりに関する曲が好きなんだ。

最後に買った音楽は?
バクスター・デューリーの「Miami」だね。友達が教えてくれたんだ。繰り返し聞いているし、歌詞が大好きなんだ。最近はこんな感じの詩的な曲にはまっているね。この曲は一度かけたら止まらない。参ったよ。

人々を一つにするのにベストな曲は?
キャンディ・ステイトンの「Young Hearts Run Free」。

最高のラブソングといえば?
ジョン・レノンの「Real Love」。

名前は?
マイルズ・ケイン(Miles Kane)。

出身は?
リバプール近郊のウィラル。

職業は?
歌手、ギタリスト、作曲家。

あなたのスタイルを3語で。
Always in check.(常に考え抜く)

あなたの十代を定義する曲は?
多分オアシスだろうね。学校に通っていたころ、いつもMDで音楽を聴いていたんだ。MDの編集もしていたし、MDが大好きだったんだ! だからオアシスとかヴァーブとかデビューしたてのバッドリー・ドローン・ボーイが好きだったね。いつも音楽を聴きながら空想にふけっていたんだ。

お気に入りのアルバムからの一曲は?
僕はパンクとかポストパンクを聞くんだけど、ザ・ダムドのファーストアルバムには本当にはまったね。「Neat Neat Neat」っていう曲がアルバムにあるんだけど、それをずっと口ずさんでいたよ。ザ・クランプスとか、ミスフィッツのようなポストパンクもよく聞いていたね。

これは今あなたが取り組んでいる新しいソロ楽曲のヒントとなる?
うん、そうだね。ラモーンズから少しと、アグレッシブなポストパンクのザ・ダムドのエネルギッシュさ、クランプスなんかからインスピレーションを受けるね。

あなたの音楽をインスパイアするイギリスのミュージックアイコンといえば?
オアシス!って即答するのは避けとこう。ザ・ビートルズかな。彼らの音楽とスタイルは間違いなく僕に影響を与えているからね。それからオアシスとポール・ウェラーも同様。

最近聞いている新しいバンドは?
キャベッジがお気に入りかな。

これまで観た最高のライブは?
今まで多く語ってきたけれど、僕が15歳の時に初めて行ったライブの一つがリバプールであったスーパー・ファーリー・アニマルズだったんだ。初めて行くライブだったし、本当にそれを楽しみにしていたんだ。僕たちはバンドの目の前で、本当に良かった。それ以外ではオアシスだね。

当時リヴァプール界隈で成長するというのはどうだった?
僕が思春期を過ごした時期はザ・コーラルの初期で、ステージの彼らを見て僕をこう思わせたんだ。「ワオ。僕もやりたい。彼らに出来たなら自分も。」初めての経験だったことでインスパイアされたと思うけど、いい気分だった。毎週土曜日、ラ・バトーというクラブに行っていたんだ。下のフロアはインディーズで、上のフロアはソウルとモータウンをやっていたんだ。そこで僕の人生が変わったと思うね! DJのポールと仲良くなったんだけど、彼は僕にたくさんのノーザン・ソウルのレコードを聞かせてくれたし、帰りにはいつも家まで送ってくれたんだ。そのすべてにとてものめり込んだけど、そこまで深く引きずり込んだのはポールなんだ。

あなたの活動の中で最も素晴らしいものは何?
ライブをすること。それがすべてで、僕にとってもすべて。表現するのにベストの形。曲を書いたり、詩を書いたりするのもこのためで、最も好きな時間だね。一番シビれるところさ。

繰り返し聞いた最初の曲は?
すごい数あるね。初めてというわけではないんだけど、頭に浮かんでくるのはザ・カウント・ファイブの「Psychotic Reaction」だね。当時、その曲は無名だったんだけど、ギターがすごいのと後半からのビートの変化が素晴らしいんだ。子供のころだけど、そんな感じの曲を聞いたことがなかったのは覚えてるね。T・レックスとかデヴィッド・ボウイ、モータウンとかソウルを聞いて育ったんだけど、この曲を初めて聞いた時には全ての物事が変わったみたいだった。60年代のサイケに入っていくためのドアを開けたね。

あなたが書いてみたかった曲は?
ありがちな回答かもしれないけど、ポール・ウェラーが好きだね。「Changing Man」の歌詞が大好きっていう理由だけで。自分自身の変化とか、人生の変化とかについて個人的に書かれた歌が大好きだね。人生の中で「できた。進路もオールクリアで今いる自分に満足。これが自分だ。」と考える。ところがうまくいかない。ジェットコースターみたいにすべてがひっくり返される。自身の感覚に触れるような、またより良い自分になるため、あるいはステップアップするために誰もが通る道のりに関する曲が好きなんだ。

最後に買った音楽は?
バクスター・デューリーの「Miami」だね。友達が教えてくれたんだ。繰り返し聞いているし、歌詞が大好きなんだ。最近はこんな感じの詩的な曲にはまっているね。この曲は一度かけたら止まらない。参ったよ。

人々を一つにするのにベストな曲は?
キャンディ・ステイトンの「Young Hearts Run Free」。

最高のラブソングといえば?
ジョン・レノンの「Real Love」。

Miles Kane in conversation with Rhys Webb

The Last Shadow Puppets | Aviation (2016)

Miles Kane | Don't Forget Who You Are (2013)

Miles Kane | Come Closer (2011)

The Last Shadow Puppets | The Age Of The Understatement (2008)

The Rascals | Out Of Dreams (2007)

The Little Flames | Put Your Dukes Up John (2005)