ブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリストとインタビュー。

JAMIE ISAAC

Singer/Producer - South London

名前は?
ジェイミー・アイザック(Jamie Isaac)。

肩書は?
プロデューサー、ピアニスト、歌手。

出身は?
サウスロンドン。

あなたのスタイルを3語で。
シンプル、カジュアル、エクストララージ。
Simple, Casual, Extra Large.

歴史上の誰とでもとレコードをつくれるとしたら、誰と作りたい?
ビル・エヴァンズ。彼の愛情にあふれたなピアノは僕の制作スタイルにぴったりだと思う。

あなたが今まで行った中で最高のライブは?
ジョージ・ベンソンのライブは素晴らしかった。特に僕の誕生日に見れたのが最高だった。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
ギル・スコット・へロン。彼は天才的な脳と耳の持ち主だから、彼と一緒にお酒と何枚かのレコードを持ち込んで最高のひと時を過ごしたいな。

あなたにとって大切なイギリスのサブカルチャーは?
ダブステップは僕が生まれたクロイドンで誕生したのだけれど、もしダブステップをサブカルチャーだと呼ぶのなら、ブリアルやマウント・キンビーのようにそれは音楽的な根源であると思うし、とても僕にとって意味深いものだ。

歴史上のバンドと同じステージに立てるなら?
ダイアー・ストレイツ。僕と同じジャンルで活動していてすごくエネルギッシュだから、できれば自分のステージの後、すぐに彼らのプレイを見ていたい。

どんな音楽を聴いて成長した?
僕の父はいつもソウルやファンクを聴いていたから、そういった音楽に囲まれて育った。子供だった僕はとてもそれにインスパイアされたよ。

繰り返し聴いた最初の曲は?
ジェリー・ラファティーの「Right Down The Line」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
スタイリスティックスの『You Are Everything』。

お気に入りアルバムからの一曲は?
チェット・ベイカーの「It's Always You」。

あなたが書いてみたかった曲は?
フリートウッド・マックの「Dreams」。

あなたの十代を定義する曲は?
レイジー・アイ(Lazy Eye)の「1979」。

最後に買った音楽は?
ジョン・ホルト(John Holt)の「Never Never Never」。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
ジェスト(Jehst)の「Tears In Rain」より。

意外に好き、という曲は?
エリック・ウィテカー(Eric Whitacre)の「Cloudburst」。

最高のラブソングといえは?
チェット・ベイカーの「My Funny Valentine」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ロイ・デイビス・ジュニアの「Gabriel」。

人々をひとつにするのにベストな曲は?
ルーサー・ヴァンドロスの「Never Too Much」。

今聴くことをやめられない4曲は?
ジャークカーブ(Jerkcurb)の「Night on Earth」。
ホーシー(Horsey)の「Everyone's Tongue」。
エルエル・バーンズの「Not Right Now」。
サイアリアス(Thidius)の「Regain」。

名前は?
ジェイミー・アイザック(Jamie Isaac)。

肩書は?
プロデューサー、ピアニスト、歌手。

出身は?
サウスロンドン。

あなたのスタイルを3語で。
シンプル、カジュアル、エクストララージ。
Simple, Casual, Extra Large.

歴史上の誰とでもとレコードをつくれるとしたら、誰と作りたい?
ビル・エヴァンズ。彼の愛情にあふれたなピアノは僕の制作スタイルにぴったりだと思う。

あなたが今まで行った中で最高のライブは?
ジョージ・ベンソンのライブは素晴らしかった。特に僕の誕生日に見れたのが最高だった。

もし歴史上の誰とでも一時間過ごすことができるとしたら、誰と過ごしたい?
ギル・スコット・へロン。彼は天才的な脳と耳の持ち主だから、彼と一緒にお酒と何枚かのレコードを持ち込んで最高のひと時を過ごしたいな。

あなたにとって大切なイギリスのサブカルチャーは?
ダブステップは僕が生まれたクロイドンで誕生したのだけれど、もしダブステップをサブカルチャーだと呼ぶのなら、ブリアルやマウント・キンビーのようにそれは音楽的な根源であると思うし、とても僕にとって意味深いものだ。

歴史上のバンドと同じステージに立てるなら?
ダイアー・ストレイツ。僕と同じジャンルで活動していてすごくエネルギッシュだから、できれば自分のステージの後、すぐに彼らのプレイを見ていたい。

どんな音楽を聴いて成長した?
僕の父はいつもソウルやファンクを聴いていたから、そういった音楽に囲まれて育った。子供だった僕はとてもそれにインスパイアされたよ。

繰り返し聴いた最初の曲は?
ジェリー・ラファティーの「Right Down The Line」。

永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードは?
スタイリスティックスの『You Are Everything』。

お気に入りアルバムからの一曲は?
チェット・ベイカーの「It's Always You」。

あなたが書いてみたかった曲は?
フリートウッド・マックの「Dreams」。

あなたの十代を定義する曲は?
レイジー・アイ(Lazy Eye)の「1979」。

最後に買った音楽は?
ジョン・ホルト(John Holt)の「Never Never Never」。

インスピレーションを与えられた歌詞は?
ジェスト(Jehst)の「Tears In Rain」より。

意外に好き、という曲は?
エリック・ウィテカー(Eric Whitacre)の「Cloudburst」。

最高のラブソングといえは?
チェット・ベイカーの「My Funny Valentine」。

テンションを上げるのに最高の曲は?
ロイ・デイビス・ジュニアの「Gabriel」。

人々をひとつにするのにベストな曲は?
ルーサー・ヴァンドロスの「Never Too Much」。

今聴くことをやめられない4曲は?
ジャークカーブ(Jerkcurb)の「Night on Earth」。
ホーシー(Horsey)の「Everyone's Tongue」。
エルエル・バーンズの「Not Right Now」。
サイアリアス(Thidius)の「Regain」。