REISSUES

トレンドに左右されないクラシカルなピースで構成する、
フレッドペリーの中枢となる「リイシュー」コレクション。

ブランド誕生から60年以上に渡り様々なサブカルチャーシーンに登場する、
ブランドのアーカイヴを出発点としたピースがラインナップ。

TENNIS BOMBER

1950年代のテニスコートで着用されていたオリジナルのウォームアップジャケット。
60'sモッズが着用していた写真が数多く見つかっているこのジャケットは、テニスチャンピオンの肩からブリティッシュサブカルチャーへと、その居場所を移している。イングランド製。

TABLE TENNIS SHOE

偉大なテニスプレイヤーである以前、卓球の世界チャンピオンでもあった創業者/フレデリック・ジョン・ペリー。このシューズデザインはその経歴に由来する。
ガムラバーソールとつま先のスエード補強は、彼が卓球選手として名を馳せた1920年代の典型的な卓球シューズディテール。

KNITTED SPORTS SHIRT

もともとテニスウェアとして1960年代に作られたこのシャツは、フレッドペリーのウェアデザインがストリートウェアとクロスオーバーするにつれ、コートのオンとオフで着用されることとなる。フォーマルウェアとは違うスマートさを持ち、それは当時において画期的なデザインだった。

HARRINGTON JACKET

1960年代後期のハードモッズは、フレッドペリーシャツにマーケットで買ったハリントンジャケットを羽織っていた。以来、このジャケットはブリティッシュサブカルチャーのユニフォームとなっている。ライナーのスチュワートタータンは過去の同アイテムへの敬意。イングランド製。

OXFORD SHIRT

OXFORD SHIRT

大陸ヨーロッパのシャープなスタイルを参照した定番アイテム。ストレートなラインとシンプルなデザインを採用したボタンダウンシャツは、すぐにモダニストのユニフォームの柱となる。

TARTAN

タータンチェックのパターンは従来、貴族が一族を示す家紋のようなもの。1960年代のストリートウェアにそれが取り入れられたことは、上流階級への比喩的なあてつけだった。フレッドペリーではこのボタンダウンシャツ以外にも様々なアイテムにタータンチェックを採用し、労働者階級から駆け上がった創設者/フレデリック・ジョン・ペリーの反骨精神を表現している。

TARTAN

タータンチェックのパターンは従来、貴族が一族を示す家紋のようなもの。1960年代のストリートウェアにそれが取り入れられたことは、上流階級への比喩的なあてつけだった。
フレッドペリーではこのボタンダウンシャツ以外にも様々なアイテムにタータンチェックを採用し、労働者階級から駆け上がった創設者/フレデリック・ジョン・ペリーの反骨精神を表現している。

取扱店舗:フレッドペリーショップ、オンラインショップ

※一部取り扱いのない商品もございます。