ナイジェル・ケーボンをコラボレーターに迎えた4シーズン目となるコレクション。

今回のコレクションでは、1950~60年代のソ連のサッカーユニフォームからインスピレーションを受けています。背中にナンバリングされたロングスリーブのゴールキーパーTシャツがそれを象徴しており、レイヤードされたセーターやスウェット類は初期のトレーニングウェアのスタイルが反映されています。フレッドペリーのアーカイヴであるテニスウェアから、ピケ素材シャツやテニスボンバータイプのジャケットもラインナップされました。

ナイジェル本人の妥協のない視点を経て、タイムレスなアイテムが仕上がっています。
Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)
イギリスのファッションデザイナー。1971年の大学生時代に自身のブランドを旗揚げする。
ヴィンテージミリタリー、ワークウェア、アウトドアウェアの世界的に有名なコレクターでもあり、4000点を越えるコレクションからインスパイアされたデザインが特徴。
現在も自身のブランドの原動力として活動しており、自分のチームや協力工場、コラボレーションする企業等と協同してコレクションの創作に携わっている。

取扱店舗:東京店大阪店、 オンラインショップ