英国のデザイナー、ベラ・フロイドとのコラボレーション。

彼女自身が触れたサブカルチャーのルーツに踏みこみ、フレッドペリーのクラシックなアイテムに彼女のトレードマークである大胆なディテールを取り入れています。今シーズンは、パンクマインドを持ちながらドレスアップした、
1970年代のウエストロンドンのタフで魅力的なスタイルをイメージしたコレクションが完成しました。

インスピレーションは前回同様1970年代のカルチャーシーン。
『ザ・ハーダー・ゼイ・カム』のジミー・クリフや、深夜ウエストロンドンの酒場でトースト(最新のヒット曲にディージェイがボーカルやラップを追加するスタイル)していたハンサムなDJのスタイルです。当時はいつも男性がオシャレだったけれど、今は女性がそれを真似しているの。
− ベラ・フロイド
ベラ・フロイド(Bella Freud)
ロンドン生まれのファッションデザイナー、ベラ・フロイドは、イギリスを代表する現代画家ルシアン・フロイドの娘であり、精神分析学者ジークムンド・フロイドの曾孫にあたります。
1990年にスタートしたオリジナルコレクションは、シグネチャーセーターやポップカルチャーをモチーフにしたキャッチ—なデザインで知られ、モデル、女優、ミュージシャンなど、様々なスタイルアイコンに愛用されています。

取扱店舗:東京店大阪店、 オンラインショップ